« パリの「靴磨き教室」。 | トップページ | モンツァの森を走る。 »

2010年9月 8日 (水)

続いて、「パン焼き教室」。

 パリの南、ヴェルサイユにほど近いところに、「ガリー農園」という、なかなか楽しいところがあります。

P1110369

 春から秋にかけて、いろんな果物や野菜を取り放題。日本のその手の農園との一番の違いは、その場で取って食べる分には、タダだということ。家に持ち帰る分だけを計量して、お金を払うシステム。

 だからたとえば朝早くからここに来て、トマトやとうもろこしやイチゴやブルーベリーやらをたらふく食べて、満腹になって手ぶらで帰ってもかまわない(あんまりそういう人はいないでしょうけど)。

P1110365

 できれば6月から7月あたりが、いろんな果物が実って一番オススメかな。今回は8月末で、残念ながら果物はフランボワーズだけでした。もう数日遅かったら、晩生(おくて)のイチゴが収穫できたんだけど、この時はまだ立ち入り禁止になっていて、うらめしく金網越しに写真を撮るだけ・・。

 でもせっかく子供たちを連れて来たので、アトリエでやってるパン焼きを体験させました。

P1110357

 農場の細長い建物の中を仕切って、「パン焼き教室」「バター作り教室」「はちみつ収穫教室」などなどが開かれてる。「パン焼き教室」には、薪の竃(かまど)までしつらえてあります。

P1110351

 各自、150gの小麦粉を支給され、そこに水と塩と酵母を加えて、ひたすら捏ねる。

P1110354

 伸ばして〜、

P1110363

 丸めて、

P1110352

 それを何度も繰り返してから、形を整えると・・、

P1110373

 こういうものが、できあがる(娘は、クマさんのつもりみたい)。ただしこの教室ではここまでで、あとは自宅に持ち帰り、2〜3時間寝かせてから、オーブンで焼くと。こんがりとキツネ色の熱々を期待して、待つこと20分。

 ところが・・、

P1110374

 確かに熱々なんだけど、全然キツネ色にならないんだよね(クマ色にもならない)。とはいえバターを塗ってほおばったら、それだけで十分美味しゅうございました。でもついうっかり、「やっぱりプロのパン屋は偉大だね」って感想を漏らしたら、娘に「それは、私のパンがまずいってこと?」と、にらまれましたけど。

P1110376

 収穫してきたプチトマト。枝に実っている時は、それほど赤くない。でも取ってから、うちに帰ってきた頃にはすっかり赤く色づいてる。不思議です。そして、なんという甘さ。




|

« パリの「靴磨き教室」。 | トップページ | モンツァの森を走る。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/49394723

この記事へのトラックバック一覧です: 続いて、「パン焼き教室」。:

« パリの「靴磨き教室」。 | トップページ | モンツァの森を走る。 »