« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

「熱帯トレーニング」は、抜群の効果?

 今週末は、ベルギーに滞在中。降ったり止んだり晴れたりと、目まぐるしく変わる天候のスキを盗んで、スパ・フランコルシャンのコースを走りました。

P1110310

 木々の間に見える上り坂が、あの有名なオールージュです(正確には坂道の底の部分、かつて赤い小川が流れていた部分を指すとのこと)。下から見上げると、文字通りそそり立ってます。

 前回走ったのは、確か10年近く前。その時は急坂を上り切った時点で息が上がってしまって、あとはヘロヘロ、ヨロヨロだったことを覚えています。今回はその愚を繰り返すことだけはよそうと、かなりゆっくりペースでオールージュを上がって行きました。そしたら、意外に平気。調子に乗って、1周7kmのコースを2周しました(平均5分45秒/kmペース)。

 日本滞在中は、朝7時でも30℃超えの中を、6分30秒/kmぐらいで走ってました。それがもう、精いっぱい。今回も同じようなペースのつもりが、いつの間にか速く走っていた。気温差20℃のコンディションと、熱帯の中で毎日のように走ってた効果が出たのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

ゴルド村の食事なら、ここ!

 日本滞在中の4週間、あまりの暑さで更新をサボっておりました・・。涼しいパリに戻って、さあ再開するぞ!

 ということで、プロヴァンス紀行の続きです。ゴルド村に到着した日は日曜日で(まだ初日の話かよ)、ホテルのレストランはお休み。じゃあ村でお勧めのレストランはとフロントで訊くと、「クロ・ド・ギュスターヴ」Clos de Gustaveという答えが速攻で返ってきました。

 クルマで、ほんの5分ほど。小さな看板が出ているだけの、レストランというより普通の民家といった風情。

P1100864_2

 中はこんな感じですが、客は誰もいない。

P1100852_2

 あまりに天気が良くて気持ちいいので、みんな庭のテーブルに坐ってるわけです。この時点で、夜の8時半ぐらい。

Img_8953_2

 メニューは、この黒板に書いてあるだけ。前菜はお任せの盛り合わせで、メインが3種類。なので前菜は分け合って、メインはひとつずつ頼むことに。

Eos055_jfr_2

 前菜は、冷製トマトスープ、自家製パテ、ムール貝の酒蒸し、ものすごく新鮮なサラダという取り合わせ。

 そしてメインは・・。

Eos056_jfr

 トマトやズッキーニのファルシ(詰め物)。野菜の旨味が濃厚で、絶品でした。

Eos057_jfr

 子羊の骨付き肉をローストして、ハーブソースをかけた一品。これも、大変けっこう。

Eos058_jfr もうひとつは、地中海産の鱸(すずき)を、にんにくや香草と蒸し煮したもの。これはちょっと、淡泊過ぎたかな。料理の見た目も日本人からすると、何というか・・・。

P1100855

 でもそれは、このワインですべての料理を賄おうとしたこちらの責任も大きそう。地元リュベロンの、シャトー・ラ・ヴェルリ。シラーの果実味が、身体に沁みわたる。肉との相性は、最高でしたけど。

 4種類のデザートの盛り合わせもすごくおいしく、思わず写真を撮り忘れました。

Img_8948_2

 こういうお皿も、素朴でなごみましたよ。




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »