« 良いお年を! | トップページ | 今年のラデュレのガレットは・・・。 »

2010年1月 4日 (月)

『坂の上の雲マラソン』に、参加する。

 年末、日本に戻った翌々日、『坂の上の雲マラソン』なるものに、参加しました。マラソンといっても、25kmほど。小説「坂の上の雲」ゆかりの地を、のんびり説明を聞きながら、時速8kmぐらいで回るというので、気軽に申し込んだわけです。

001

 これが当日、集合場所の四ツ谷駅前で配られたコース図(拡大可能です)。

 師走の平日なので参加人数は少ないだろうと思ってたけれど、主催者の藤田さん以外は僕を含めて男性3人、そして取材に来た日経の女性記者ひとりの計4人。われらGPRAの走行会すら下回る、超少数精鋭のマラソンとなったのでした。

P1090159

 この人が、藤田さん。博覧強記でユーモアたっぷりの、面白いおじさん。都内にある秋山兄弟や子規ゆかりの地について、関西弁まるだしで弁じるギャップが、楽しかった。

P1090220

 でも説明が終わると、さっさと自転車で先に行ってしまい、こちらは必死で走って追いすがる。時速8kmなんて、とんでもない。

 四谷から市谷、麹町、九段の靖国神社脇を抜けて、神田へ。

P1090164

 神田のカトリック教会前で、説明を聞く一行。「この近所の玄人下宿に、子規と好古が同居してはったんですな」。フムフム。

P1090171

 菊坂界隈の戦前から残る路地に、かまわず入って行く一行。

P1090172_2

 空襲を免れた、3階建ての木造家屋。これがいわゆる、玄人下宿ですね。

P1090174

 「樋口一葉はんが使っとった井戸ですわ」。ホント?

P1090180

 軒先で、まだ生乾きのアジの開きを吊るしている魚屋。都心とは思えない、シュールな光景です。

P1090181

 加賀藩邸だった名残をとどめる赤門から東大構内を抜け(誰でも勝手に入れるのですね。知らなかった)、上野の山へと向かう。

(続きます)

 


|

« 良いお年を! | トップページ | 今年のラデュレのガレットは・・・。 »

ランニング」カテゴリの記事

一時帰国中」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

cafe明けましておめでとうございます。

我が家の近くのお散歩ですね~

一葉の井戸なんていい味出てますね、

今日から東大学食が始まり、散歩の途中に立ち寄って

ビールが飲めます。

今日は17時から日比谷・内幸町の日本酒プラザで白木の干支の入った枡で振る舞い酒がサービスされます、

さて、今年も大いに散歩酒を楽しみます。

お元気で・・・貴ブログ今年も楽しみです(^_-)-☆

投稿: ティコティコ | 2010年1月 5日 (火) 02時29分

ティコティコさん、明けましておめでとうございます。

この界隈に、お住まいですか。うらやましい。司馬遼太郎の「街道を行く」本郷篇を折りに触れて読み(個室愛読書の一つです)、いつかこの辺りに暮らしたいと常々思っている次第です。

ティコティコさんのブログも、楽しみにさせていただきます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2010年1月 5日 (火) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/47204321

この記事へのトラックバック一覧です: 『坂の上の雲マラソン』に、参加する。:

« 良いお年を! | トップページ | 今年のラデュレのガレットは・・・。 »