« 今年のワイン市は、アルザス狙いで・・・。 | トップページ | 人類進化之図。 »

2009年12月 6日 (日)

新型インフルエンザの、ワクチン打ちました。

 もうほとんど死語かもしれないけど、「出羽守(ではのかみ)」という言い方がある。外国での見聞を吹聴して、何かといえば「イギリスでは〜」とか、「パリでは〜」と言う人のことですね。

 なるべくそういう言い方は気をつけようと思ってましたが、一連の新型インフルエンザのワクチン接種に限っては、どうも日本のやり方はおかしい。

 だってフランス「では」、こんなですヨ。

 

 まずワクチンの製造と、供給体制である。最初は政府も国民もけっこう、この病気に対してタカをくくっていた。ワクチン接種の呼びかけもさほど熱心ではなかった印象だし、周りのフランス人たちも、「打つつもりない」と言ってる人が少なくなかった。

 ところが学級閉鎖が相次ぎ、新種が出現した先月末くらいから、風向きが変わり始めた。「打っとかないと、マズイかも」と考える人が急増したようなのだ。すると保険省は即座に、ワクチン供給も接種場所も大幅に増やし、特に接種所は朝8時から夜10時まで開けるようにした。日曜日も。フランス人が日曜日も働くというのは、大変なことなのですよ。

 しかも、無料です。 

 なのでわれわれも、この日曜日の昼前、川を渡った向こう側の接種所へと出かけて行きました。

P1090122

 街はすっかり、クリスマスの雰囲気、・・・でもないか。

 タテマエ的には、「ワクチン接種に来て下さい」という紙が各家庭に郵送され、それを持ってないと注射を打ってくれない。でもそこはフランスだから、会場でパスポートを見せて、名前を言うだけで、外人でもOKだった。

P1090120

 会場は、区営の体育館。そこを巨大な段ボールの壁で(!)いくつかの小部屋に区切ってあるだけ。まず簡単な問診を受け、すぐに注射。あっという間に、終わってしまったのでした。

 日本国内産に比べると、効き目が若干強い分、副作用の可能性は高いらしい。でも今のところ、わが家は大丈夫。それから筋肉注射なので、けっこう痛かったです・・・。

 

なお、パリ市内の接種所リスト、その他の情報は、こちらをご覧下さい。

 

|

« 今年のワイン市は、アルザス狙いで・・・。 | トップページ | 人類進化之図。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

みなさん副作用は大丈夫なんですね?じゃ、私も打とうかな( ^ω^ )

スイスは熱が出てもインフルエンザかどうかの検査もしないし薬も出さないところが多いらしく、流行っているのが季節性のものなのか新型なのかさえ、わからないらしいです。ワクチンを打ってる人も聞かないし。WHOのある街なのにねえ。統計取らなくていいのかしら。

投稿: しろ | 2009年12月 8日 (火) 23時50分

フランスも新型かどうかの検査は、似たようなものという印象です。学校での手洗い、消毒も、最近ではすっかりおろそかになってるようだし。

でも外人でも誰でも、来るものは拒まずという姿勢はありがたかったです。

筋肉注射なので、いまだに腕が痛いですけど。

投稿: ムッシュ柴田 | 2009年12月 9日 (水) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/46956355

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザの、ワクチン打ちました。:

« 今年のワイン市は、アルザス狙いで・・・。 | トップページ | 人類進化之図。 »