« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

良いお年を!

すっかり、サボってしまいました。すみません・・・。

P1090319

メっ。

皆さんの来年が、今年以上に良い年でありますように。

P1090317

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

人類進化之図。

出典不明ですが、こんなの見つけました。

289b7166

 日本は、こういうふうに見られていると。韓国は、何なんでしょうね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

新型インフルエンザの、ワクチン打ちました。

 もうほとんど死語かもしれないけど、「出羽守(ではのかみ)」という言い方がある。外国での見聞を吹聴して、何かといえば「イギリスでは〜」とか、「パリでは〜」と言う人のことですね。

 なるべくそういう言い方は気をつけようと思ってましたが、一連の新型インフルエンザのワクチン接種に限っては、どうも日本のやり方はおかしい。

 だってフランス「では」、こんなですヨ。

 

 まずワクチンの製造と、供給体制である。最初は政府も国民もけっこう、この病気に対してタカをくくっていた。ワクチン接種の呼びかけもさほど熱心ではなかった印象だし、周りのフランス人たちも、「打つつもりない」と言ってる人が少なくなかった。

 ところが学級閉鎖が相次ぎ、新種が出現した先月末くらいから、風向きが変わり始めた。「打っとかないと、マズイかも」と考える人が急増したようなのだ。すると保険省は即座に、ワクチン供給も接種場所も大幅に増やし、特に接種所は朝8時から夜10時まで開けるようにした。日曜日も。フランス人が日曜日も働くというのは、大変なことなのですよ。

 しかも、無料です。 

 なのでわれわれも、この日曜日の昼前、川を渡った向こう側の接種所へと出かけて行きました。

P1090122

 街はすっかり、クリスマスの雰囲気、・・・でもないか。

 タテマエ的には、「ワクチン接種に来て下さい」という紙が各家庭に郵送され、それを持ってないと注射を打ってくれない。でもそこはフランスだから、会場でパスポートを見せて、名前を言うだけで、外人でもOKだった。

P1090120

 会場は、区営の体育館。そこを巨大な段ボールの壁で(!)いくつかの小部屋に区切ってあるだけ。まず簡単な問診を受け、すぐに注射。あっという間に、終わってしまったのでした。

 日本国内産に比べると、効き目が若干強い分、副作用の可能性は高いらしい。でも今のところ、わが家は大丈夫。それから筋肉注射なので、けっこう痛かったです・・・。

 

なお、パリ市内の接種所リスト、その他の情報は、こちらをご覧下さい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

今年のワイン市は、アルザス狙いで・・・。

 恒例のパリ・ワイン市に行ってきました。人ごみを避けて、最終日の月曜日の訪問です。

P1090118

 12月は毎年、パリの南西の端、ヴェルサイユ門にある見本市会場で、開かれます。シンボルマークの「樽担ぎ」(© minmin氏)が、いつものように燦然と輝いています。

 何しろ1000軒近い造り手が終結してますから、片っ端から試飲して回ることはしばらく前に止めて、テーマを絞ることにしています。今回は、比較的早飲みの、気軽に開けられるキリッとした白がいいかなと。アルザスのリースリングを中心に、あちこち見て回りました。(中の様子は、ちょうど2年前の訪問記をどうぞ)

 それにしても同じアルザスのリースリングでも、造り手や畑違いでまったく別物になってました。ものすごくミネラルが効いていて、口に含んだ瞬間に強風吹きすさぶ雪山に連れて行かれたような、峻厳なワインもあったり。

P1090119

 それはそれで魅力的でしたが、今回はもっと優しいリースリングを2種類。それにしても地方性なのか、アルザスの人たちは皆人懐っこくて、愛想が良くて、でも商売っ気をあまり感じさせない。こちらもついつい話し込んだりして、楽しい時間を過ごせました。

 少しは寝かせておこうとと思いつつ、翌日の晩にはスッセンベルグ2007年の方を、ついつい開けてしまう。うれしいことに、会場で試飲した時よりさらにおいしく感じる。買っておいた生ハムとマスカルポーネチーズをはさんで焼いたパニーニや、ブロッコリー、ズッキーニ、人参などの温野菜との相性も抜群。ふだんは嫁と二人で半分ぐらいしか空かないこともあるのに、この夜はほとんど飲み干してしまいましたヨ・・。

Img_3621

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »