« 美味い!安い!日本人シェフのフレンチ。 | トップページ | サクランボの木の下で。 »

2009年6月28日 (日)

ベルモンドに、会った。

 この週末は、娘のバレエの発表会に出かけた。バレエのお稽古はフランスの場合、決して高くない。発表会も日本のように、チケットを余分に買わせたり、なんてことはない。質実剛健。今回の会場もパリ郊外の、町の公会堂みたいな、場末感漂うホールであった。

P1080055

 前から3列目のパイプ椅子に座って、他のお父さんやお母さんともども開演を待っていると、会場内が小さくどよめくのが聞こえた。思わず後ろを振り向くと、何とまあジャンポール・ベルモンドが入って来るではないか。

 皆がどよめいたのは、フランスを代表する大スターが、こんなところに出現したという驚きと、あまりに年老いていたことへのとまどいがあったと思う。実際、病による半身マヒもあって、左手の杖を支えに、歩くのもやっとという風情であった。

 奥さんらしき女性に支えられた彼は、ゆっくりゆっくりこちらの方に向かってきて、僕の真後ろの席に着いた(!)。これはもう、話しかけるしかない。座る時にわれわれの方に、にっこり「ボンジュール」と言ってくれて、感じ良さそうだったし。

 何て言って声をかけようか、頭の中でグルグル考える。きっと孫娘のバレエを観に来たんだろうから、それをきっかけにしよう。そう決めてベルモンドの方に振り向いた瞬間、「もしかして、娘かも?」という思いがひらめき、「今夜は、娘さんのバレエですか?」と質問を変えた。

 ・・・当たりだったみたい。ベルモンドはうれしそうに、娘のことを話し始めた。御年76歳の彼が6歳の愛娘の晴れ姿を見に、わざわざ足を運んできたのである。その後、僕たちは、F1ドライバーだった息子ポールのことなども話し合った。開演前のわずか数分だったけれど、「勝手にしやがれ」「気ちがいピエロ」の名優の息遣いを間近で聴けた、至福の時間だった。

2

 我ながらものすごく、うれしそうな表情です・・・。

 

|

« 美味い!安い!日本人シェフのフレンチ。 | トップページ | サクランボの木の下で。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/45477539

この記事へのトラックバック一覧です: ベルモンドに、会った。:

« 美味い!安い!日本人シェフのフレンチ。 | トップページ | サクランボの木の下で。 »