« 絶品の、豚ステーキ。 | トップページ | ロバート・ケネディの「おくりびと」。 »

2009年5月11日 (月)

「バーニャ・カウダ」を、初めていただく。

 引っ越しを終えたばかりのU家にお邪魔して、夕食会。そこで、「バーニャ・カウダ」なるものを初めて食べた。語感はインドっぽいけど、イタリア料理です。

P1070533

 これが、それ。旅館の朝食で湯豆腐を温めるようなポットが、各人の前にひとつずつ置かれる。中にはニンニクを漬け込んだオリーブ油に、細かく砕いたアンチョビがたっぷり入っている。これをロウソクで下からじっくりと温めて・・・、

P1070535

 食べやすい大きさに切った赤ピーマンやグリーンアスパラ、ジャガイモ、人参、インゲン、セロリなどなどを・・・、

P1070537

 お風呂に入れるように漬けて、食する。だから「バーニャ」はお風呂を意味するイタリア語かと思ったけど、それなら「バーニョ」だよね。検索したら、ピエモンテ地方の郷土料理で、「温かいソース」という意味だそうな(説明は、こちら)。

 アンチョビの濃厚な塩味、オリーブ、ニンニク、そして野菜本来の甘みが渾然一体となって、素朴な料理なんだけど、いや、おいしい。食べ始めると、手が止まらなくなる。子供たちはちぎったパンを漬け込んでバクバク食べていて、マネしてやってみたら、これまたイケる。当然ワインにも、合わないはずはなく・・・、

P1070540

P1070542

P1070545

 どんどん、どんどん空いて行く。みんな、いいワインたちだったな〜。

P1070547

 締めのアンチョビパスタも絶品で、別腹とばかりにお代わりしてしまう。

 本当に、ご馳走さまでした。


 


 

 


|

« 絶品の、豚ステーキ。 | トップページ | ロバート・ケネディの「おくりびと」。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの晩ご飯」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/44986189

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーニャ・カウダ」を、初めていただく。:

« 絶品の、豚ステーキ。 | トップページ | ロバート・ケネディの「おくりびと」。 »