« 壊れかけてるかも・・・。 | トップページ | チャイナタウンの雑踏を漂う。 »

2009年4月 5日 (日)

マレーシアで僕も、考えた。

P1070217

 マレーシアは、いつ来ても暑い(当たり前か)。

P1070200

 今年は2年前までの定宿に逆戻りして、毎晩行きつけの中華屋「来来海鮮飯店」に通っている。

P1070198

 これだけ蒸し暑いと、やっぱりビールが飲みたくなる。隣の小皿に入っているのは、ニンニクの刻んだのと、唐辛子。これを料理にドサドサかけて食べるのが、マレーシア風中華みたい。

P1070204

 この晩は一人だったので、炒飯と油菜炒め、それから厚揚げ豆腐と卵のマレーシア風サテイソースの鉄板焼き。+ビールで、30リンギ(約900円)。日本の物価に比べるとまだ安いけど、たとえば10年前と比べるとずいぶん高くなった。あの当時、同じこの店でどんなにたらふく食っても飲んでも、500円を超えることはなかったと記憶する。

P1070196

 一方、その3軒ほど隣にあるクリーニング屋。ここにパンツやら靴下やら、Tシャツやらポロシャツやら、1週間分の洗濯物をビニール袋に詰めて持って行った。受け取ったオバサンは、中味を確かめることなどせず、袋ごとハカリにかける。料金は、目方制なのだ。全部で、2,5kgあった。

 それで、いくらだと思います?何と、5リンギ(約150円)。翌日には出来上がって、しかも仕事は感動的に丁寧だ。隣のレストランとの価格差を思うと、頭がクラクラしてしまう。人件費が圧倒的に安いとか、あちらは外国人相手でかなり高めの値段にしてるとか、いろいろ理由はあるのだろう。

 いわゆる先進国ではないところに来ると、時にこういう体験をする。そのたびに、物の値段っていったい何だろうと、思ってしまうのである。


 

 


|

« 壊れかけてるかも・・・。 | トップページ | チャイナタウンの雑踏を漂う。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

異国のゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/44573893

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアで僕も、考えた。:

« 壊れかけてるかも・・・。 | トップページ | チャイナタウンの雑踏を漂う。 »