« 聖ヴァレンタインの薔薇。 | トップページ | 南ア・ワインの夕べ。 »

2009年2月12日 (木)

満月のカントナック・ブラウン。

 トイレの窓から、やけに明るい光が差してるなと思ったら、今宵は満月であった。

Crw_3179_rj

 一脚で撮ったので、ややブレてます。それにしても満月の光というのは、明るい。肉眼では月面の模様がはっきり見えているのに、それを写そうとすると、エッフェル塔が真っ暗になってしまう。むずかしいものです。

Crw_3174_rj

 久しぶりに、ボルドーを開けた。1989年のカントナック・ブラウン。3級格付けのマルゴーである。

 近年は評価が高くなったらしいが、僕が買った頃は所有者が転々としたこともあって、「5級にも値しない」などと酷評されていた。記録を見たら1994年に、1本130フラン(約2600円)で6本買っている。すぐに1本飲んだようだが、どんなだったかまったく記憶に残っていない。あまりいい印象は、持たなかったのだろう。

 今年でちょうど20年、経ったことになる。抜栓した途端、意外に若々しいベリーの熟した香りが広がる。それからカフェや、スパイシーな感じも。口に含むと、とにかくまろやか。肉厚な感じはないもののシルキーな口当たりで、するすると喉に流れていく。

 夕食は鶏の照焼きだったけど、赤ワインソースの方がよかったかな。それで早々に食事を済ませて、あとはひたすらワインとだけ向き合った。

Crw_3175_rj

 コルクはさすがに、めくれ摩耗(笑)しやすい。細心に抜かないと、こうなります。

 もうピークはとうに過ぎたと思っていたのに、円熟味を存分に堪能できたのは、うれしい驚きだった。古いワインは、こういう意外さがうれしい。

 

 


|

« 聖ヴァレンタインの薔薇。 | トップページ | 南ア・ワインの夕べ。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの晩ご飯」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡大変申し訳ありません。
私、日本テレビ系列の番組を制作担当しております布川と申します。
貴方様の撮影された‘エッフェル塔と月’の写真を使用したく連絡させて頂きました。
もしよろしかったら、お伝えしたアドレスの方に一度連絡して頂けませんでしょうか?

投稿: 布川 | 2009年8月28日 (金) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/44044005

この記事へのトラックバック一覧です: 満月のカントナック・ブラウン。:

« 聖ヴァレンタインの薔薇。 | トップページ | 南ア・ワインの夕べ。 »