« ひな祭りは、男子禁制なわけで・・・。 | トップページ | 自家製カステラ、ですヨ。 »

2009年2月22日 (日)

冬のサーカス。

 友人一家と、「冬のサーカス」に行って来た。

P1060113

 パリ11区にある、石造りの建物。さほど大きくはないが、通りがかるたびに「立派な建造物だなあ」と思ってはいた。幕間の説明によると、19世紀にナポレオン3世が、常設のサーカス小屋を造れと命令し、出来上がったものだという。こけら落としの際には、皇帝自ら臨席したそうな。場末のイメージとは、対極のものである。

P1060130

 内部は、こんな感じ。中央の円形舞台は、今の感覚からするとかなり小さめだった。檻が組まれているのは、最初の出し物が「猛獣使い」だったから。

P1060161

P1060163

 やや太めの、ホワイトタイガー・・・。

P1060171

 続いて白馬が出てきて、「『美女と野獣』から着想した演目でござい〜」などと団長があおるものだから、期待して見始めた。ところがこの白馬、いっこうに美女の言うことを聞いてくれない。途中から男の調教師が助けに入って、ムチを振るったりするものの、馬は全然動かない。これぐらい収拾のつかない芸も珍しい。ある意味、手に汗握りました。

P1060165

 でも幸い、そのあとの空中ブランコとか、

P1060182

 洗面器を使ったジョングラーとかで、どんどん盛り上がっていった。

P1060147

 フルバンドの生演奏なのも、いかにも本場という感じ。

P1060172

P1060178

 ピカソも好んで描いた、アルルカン。

P1060188

 フィナーレでは、団長が驚くような美声で朗々と歌い上げて、幕となった。そういうところひとつとっても、フランスのサーカスは曲芸というより、ショービジネスという感じ。ひとつひとつの芸は決して最高水準ではなくても、見終わった観客は十分に満足して家路につく。さすがにうまいなあと、思いました。

 






 



 


|

« ひな祭りは、男子禁制なわけで・・・。 | トップページ | 自家製カステラ、ですヨ。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/44148948

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のサーカス。:

« ひな祭りは、男子禁制なわけで・・・。 | トップページ | 自家製カステラ、ですヨ。 »