« さすが、ムートンの底力。 | トップページ | 摂氏2度の、パリを走る。 »

2008年12月 9日 (火)

ちょっとクラい、007。

 一足先にパリで公開されている、「007慰めの報酬」を観に行った。

 午前中第1回目の上映だと、入場料はわずか4.7ユーロ(約570円)というありがたい制度があって、二人でも1000円ちょっとで封切りが楽しめる。平日の午前10時半という回で、しかももう10月からやってる映画だったので、観客は全部で4人しか(!)いなかったけど。

 ちなみに原題は、Quantum of Solaceという両方ともラテン語から来た、むずかしい単語。どうしてこんな、とっつきにくい題名にしたのか。窓口でドモってしまった。

 内容は第1作を踏襲して、できるだけ荒唐無稽さを排した造りにしようとしている。「ジェイソン・ボーン」以来だと思うけど、この手の映画は格闘シーンとカーチェイスがどんどんリアルになってる。今回も、本当に真に迫ってました。

 惜しむらくは悪役のフランス人俳優が、あんまり悪い人に見えなかったのと、復讐譚とはいえ007のセリフにもうちょっとユーモアがほしかったことかな・・。ウクライナ人のボンドガールは、非常にチャーミングでした。

P1050500

10年後のボンドガール(笑)・・。

 

|

« さすが、ムートンの底力。 | トップページ | 摂氏2度の、パリを走る。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今のうちにサインもらっとこうかなあ。

投稿: Kさん一家代表取締役 | 2008年12月10日 (水) 23時20分

癒されるコメント、ありがとうございます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年12月11日 (木) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/43368369

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとクラい、007。:

« さすが、ムートンの底力。 | トップページ | 摂氏2度の、パリを走る。 »