« サンパウロを、走る。 | トップページ | ブラジルの看板も、味わい深い・・。 »

2008年11月20日 (木)

大盛り上がりだった、シュラスコの夕べ。

 ブラジルに来たら、とにかく絶対に外せないのが、コレ。

P1050345

 肉食い放題の、シュラスコ屋でございます。日本にも何軒かあるようだけど、値段も味も段違いなのだ(こちらは食って呑んで、4000円くらい)。

P1050337_2

 テーブルに着くと、こんな札が置いてある。緑は「肉、どんどん持って来て」のサイン。ひっくり返すと赤くなっていて、「もう満腹。食べられません」。わんこそばと、同じシステムです。でもアバウトなブラジルなんで、緑だろうが赤かろうが、どんどん肉を持って来て、「食え、食え」と勧めるのです。

P1050340

 店内がこんなふうにごった返しているのは、何十人ものウェイターが、焼きたてアツアツの肉を大串に刺して、走り回っているから。さらに客たちも、サラダバーに好きなだけサラダを取りに行ったりするから、大混雑状態になってる。

P1050351

 このサラダが肉に負けずに美味しいものだから、つい取りすぎて、食べ過ぎてしまう。今回は、生シイタケのマリネが絶品でした・・。

P1050355

 肉を採ってる最中の図。

 ちなみにこの夜は、これまで2年間お世話になってきたリサ嬢の送別会でした。そしてGPRA創設者の一人でもあるO会員が、ここで大活躍するのだった。

P1050359

 O会員がわざわざ日本から携えてきたのは、10数枚ものテニスプレイヤーの直筆サインの色紙。彼はかつてテニス業界に身を置いていたことがあって、その頃収集したものとのことです。これは、ジム・クーリエだそうな。

P1050358

 これは、松岡修造。1990年という日付を指して、「この頃から修造は、リサさんへのはなむけのサインを用意していたんです」と語って、満場の笑いを取っているところ。他にもイヴァン・レンドル、ボリス・ベッカー、マイケル・チャン、伊達公子などなど、錚々たる(しかしちょっと古い?)スター勢ぞろいでした。いや、みんなびっくり。

P1050361

 そしてリサ嬢が満面の笑みで捧げ持っているのが、ステファン・エドベリの直筆サイン。自身体育会系テニス部員だった彼女は、この「グラスの貴公子」の大ファンだったそうです。O会員から、「お世話になったお礼に」と進呈されて、大感激しておりました。すると隣にいた、同じくテニス愛好家のN本氏、「じゃあ、オレが日本に帰る時は、残りの色紙全部ちょうだい」だって。

P1050362

 色紙にオマケした、エドベリ特集の雑誌。こういう笑える心遣いは、さすがO会員でありました。

 







 



|

« サンパウロを、走る。 | トップページ | ブラジルの看板も、味わい深い・・。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

異国のゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/43173777

この記事へのトラックバック一覧です: 大盛り上がりだった、シュラスコの夕べ。:

« サンパウロを、走る。 | トップページ | ブラジルの看板も、味わい深い・・。 »