« パリのハンバーガーって・・。 | トップページ | イル・ド・レのクレープは、おいしいゾ。 »

2008年10月30日 (木)

ブルゴーニュ三昧。

 久しぶりの、ワインネタです。

 コンゴからジュネーブへと赴任地を変わったM氏が、一夜パリに。彼から、「仲間内で開く『ブルゴーニュの夕べ』に、いっしょに行きましょう」と招待されて、いそいそと出かけた。

 客たちがブルゴーニュワインを持ち寄り、わいわい呑んで食べるという、それだけのことなのだが、同好の士の集まりは格別でした。

P1050073

 最初はブラインドで、あーだこーだと言い合う。僕にわかるはずもないが、あれこれ記憶の彼方から、似た味わいを引っ張り出す作業は、なかなか楽しい。これはかなり熟成が進んだ感じで、シラーっぽいなあとか思っていたから、いい加減なものだ。ブルゴーニュの夕べなのに。92年のクロ・ド・ヴージョ。アンリ・ジャイエの姪夫婦の、作っているものだそうです。

P1050076

 ドゥニ・モルテのジュヴレイ・シャンベルタン2001年。僕は全然知らなかったのだけれど、有名な作り手だったらしい。だった、というのは、2年前に自殺してしまったから。ベルナール・ロワゾーの悲劇を連想させる。覆いを外してから改めて呑んだら、「ああ、ジュヴレイらしい」と思ったりして、われながらあきれる。

P1050074

 宴たけなわになると、「これ、ちょっと珍しいんですヨ」と、ホストがこんなワインも出してくれた。ロワール流域トゥーレーヌの、「クロ・ヌフ・デ・アルシャンボー」。カベルネ・フラン100%で、こんな複雑精妙なワインができるんですよという見本。

P1050078

 僕が持って行ったのは、92年のルフレーヴ。ピュリニー・モンラシェのレ・ピュセル。喜んでもらえたようで、ホッとする。まだ十分に若々しく、なおかつ時間が経つほどに、どんどん変化して行く。偶然買ったとはいえ、偉大な年だったのだ。


 


|

« パリのハンバーガーって・・。 | トップページ | イル・ド・レのクレープは、おいしいゾ。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

ピュセル美味しかったですね。しかし今回ははずしまくりました。でもまあ、こんなもんです。
ジュネーブにもいいフランスワインを売っている店が結構あって開拓中ですし、スイスワインにも面白いのがありそうで、ちょっと関心を持ち始めています。次にお会いするときには新しい発見を紹介できると思います。

投稿: minmin | 2008年10月31日 (金) 00時13分

期待しつつ、お待ちしております。

今週末、こちらは南米ワイン三昧です。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年10月31日 (金) 01時16分

また、すごいの飲んでいらっしゃるwine
ワインも気になりますが画像中のボトルブラインダー(?)の「平田」も、もっと気になりますなぁ・・・

投稿: Sonny Katz | 2008年10月31日 (金) 12時14分

すっかり、ご無沙汰してます。

僕はこのあと、途中退席してしまったのですが、まだどんどん出てきたようです。いやはや・・。

ところで日野皓正ライヴ、拝見しました。藤枝には、多才な文化が根付いてる感じですね〜。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年10月31日 (金) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/42959405

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュ三昧。:

« パリのハンバーガーって・・。 | トップページ | イル・ド・レのクレープは、おいしいゾ。 »