« ミシュランの調査員は、実はバレバレなんだそうな。 | トップページ | 「さ・か・な」という名のレストラン。 »

2008年10月10日 (金)

フジタの礼拝堂。

 フランスには日本ほどは、「ご当地名物」というものはない。でもたとえばランスには・・、

Img_3068

 こういうお菓子がある。ビスキュイ・ローズ・ド・ランスと言って、バラの色の麩菓子のようなもの。きれいで、繊細な食感だった。「日本人は、あまり好きじゃないかも」と、娘の家庭教師をしてくれて、今は生まれ故郷のこの町に帰ったファニーちゃんは言ってたけど、僕はおいしいと思いました。

P1030875

 こんなふうに、デザートに使ったりもする。それ自体はほんのりした甘さの素朴なお菓子なので、いろいろ応用が効くみたい。

Img_3082

 さてランスには、日本人ゆかりの見どころがあって、それがこの藤田嗣治のチャペル。午後しか開いていないので、今まで何度もランスに来ながら、いつも見逃していた。でも今回ようやく、中に入ることができた。

Img_3089

 いかにも藤田らしい、淡い色調のフレスコ画(以下、できれば拡大してどうぞ)。

Img_3103

 それが正面、左右、背面と、びっしりと描かれている。

Img_3114

 これをフジタは、最晩年の80歳の時に描いた。その体力もさることながら、絵のみずみずしさに何より驚かされる。

Img_3108

Img_3111

 ステンドグラスも、素晴らしい。必見です。

藤田のチャペル CHAPELLE FOUJITA
パリで活動した日本人画家・藤田嗣治が、友人でもありカトリックに改宗した際の洗礼親であるルネ・ラルーのためにつくった礼拝堂。壁一面を覆うフレスコ画は、二人の友情の証しとして藤田が80歳のときに制作したもので、暖かな雰囲気の漂うチャペルである。




住所 33, rue du Champ de Mars (G.H.マム社シャンパンセラーの敷地内)
バスは K線、停留所の名前は Foujita 
TEL 03 26 40 06 96
時間 14:00~18:00 (5月2日~10月31日) 
閉館日 水曜、11月1日~5月1日、7月14日
料金 3ユーロ、グループ1.5ユーロ、 子供無料、毎月第1日曜日は無料

 


 

|

« ミシュランの調査員は、実はバレバレなんだそうな。 | トップページ | 「さ・か・な」という名のレストラン。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

80でもこんなに凄いものを
描けるんですね。

投稿: yuki_kyoto | 2008年10月10日 (金) 23時48分

大聖堂と並んで、必見です。くれぐれも開館時間に、お気をつけ下さい。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年10月11日 (土) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/42745568

この記事へのトラックバック一覧です: フジタの礼拝堂。:

« ミシュランの調査員は、実はバレバレなんだそうな。 | トップページ | 「さ・か・な」という名のレストラン。 »