« 100年前の写真の謎 =顔篇= | トップページ | ブラームスは、お好き? »

2008年6月23日 (月)

パリの一杯呑み屋、楽しいですヨ。

P1020732

 夏至の今ごろは、午後10時を過ぎてもこんなに明るい。

 日本から来たA氏、パリ在住のSカメラマンと韓国料理屋でひとしきり盛り上がったあとも、自然と、もう一軒行こうかということになる。

P1020731

 Sさんはもう20年以上も、パリのど真ん中1区のチュイルリー公園近くに住んでいる。近くには1960年代末まで、「パリの胃袋」と呼ばれた中央市場があった(中央市場については、こちらが詳しいです)。「その頃の下町の雰囲気が、この辺にはまだ少し残ってるんだよネ」と、Sさんは言う。

 サントノレ市場通りに並んでいた肉屋や魚屋、定食屋も、今は小洒落たブティックやビストロに取って代わられつつある。その中でかろうじて生き残っているのが、この「ルビー」という店だ。

 前には、テーブルの代わりにワイン樽。ワインバーというより、一杯呑み屋という感じだけど、立ち飲みしてるお客さんたちがみんな実に楽しそうで、僕らもフラフラと中へ入って行った。

P1020727

 カウンターの照明が、いい味出してる(Sさんの尖った頭が、写ってしまった・・)。

P1020726

 壁に貼ってあるワインリストを見ると、フランス国内の主要産地が並んでいる。でも大部分は、ボトルで20ユーロ(約3200円)以内。たいていのお客さんは、グラス1杯2、3ユーロ(3〜500円)ぐらいの無銘のワインを飲んでる。店内の人々も、ほんとに楽しそう。僕らもロワールのブルグイユAOCや、ボジョレーのモルゴンで乾杯。ようやく暮れた街中を、ヴェリブで帰ったのでした。

 





 


|

« 100年前の写真の謎 =顔篇= | トップページ | ブラームスは、お好き? »

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/41631120

この記事へのトラックバック一覧です: パリの一杯呑み屋、楽しいですヨ。:

« 100年前の写真の謎 =顔篇= | トップページ | ブラームスは、お好き? »