« ブロワの怪獣。 | トップページ | 『神の雫』と『ソムリエ』 »

2008年5月 8日 (木)

ブロワの怪獣・その2。

といってもこちらは、動かない怪獣、というか怪物ですが。

P1010805

 前回の怪獣館の向かいにあるブロワ城。奥に見えるらせん階段だけで、有名なお城と思っていた。でも今回じっくり訪問してみたら、見どころ満載。不明を恥じたのであった。

P1010779

 たとえば中庭に立って、周りを取り囲む建物を眺めると、建築様式の違いが一目瞭然にわかる。13世紀から17世紀まで、400年間も増築を繰り返したので、こんなふうにつぎはぎの建物群になっている。左がらせん階段から続く、16世紀の初期ルネサンス様式。真ん中の教会が一番古くて、13世紀のロマネスク様式。そして右端のレンガ造りが、14世紀の後期ゴシック・フランボワイヤン様式という具合。

 そしてそれ以上に面白かったのが、

P1010807

 ガルグイユと呼ばれる怪物たちの展示。ミシェル・ブラスの名物料理も片仮名で書くと同じガルグイユだけど、向こうはgargouillou。こっちはgargouille。まぎらわしい。

P1010811

 これは雨樋である(背中に溝が彫ってあって、口から雨水が流れ落ちるようになってる)と同時に、魔よけの役目もしていたと。だからみんな大口を開け、怖い顔をしている。

P1010809

基本的には怪獣、怪物で、こういう僧侶風は珍しい。

P1010808

林屋三平風(どうも、スイマセン)。


P1010750

 ・・・旅の終わりには、ようやく晴れて。

 3泊4日の旅行も、これでオシマイ。(全行程は、こちらです)

 

 




|

« ブロワの怪獣。 | トップページ | 『神の雫』と『ソムリエ』 »

建築」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/41140723

この記事へのトラックバック一覧です: ブロワの怪獣・その2。:

« ブロワの怪獣。 | トップページ | 『神の雫』と『ソムリエ』 »