« タイ料理のうまさに、アジアとの近さを思う。 | トップページ | C・ラクロワのホテル »

2008年4月10日 (木)

パリは、燃えておりました。

 5日ぶりにパリに帰ってきたら、機内アナウンスで「現地時間午前8時。ただ今の地上温度は、摂氏1度」と言っていた。

P1010404

 空港から家まで、ずっと雪景色だった。タクシー運転手いわく、夜中にずっと降っていたと。4月の上旬に雪が積もったことって、今までで初めての経験かもしれない。

 機内であまり眠れなかったし、ちょっと横になろうかなとTVを点けたら、近所のトロカデロ広場でデモをやってるとニュースが流れていた。ちょうど聖火がパリを通過する日で、チベット弾圧に対して中国政府に抗議する人々が、集まっているという。ジェーン・バーキンが映ってるのを見て、すぐに出かけて行った。

001_rj

 ふだんのトロカデロ広場は、こんな感じ。

P1010415

 それがこの日は、こういうことになっていた。

P1010410

 チベットの旗がひるがえり、中国政府への抗議の声が挙がる。その周囲を機動隊員がびっしりと取り囲んでいる。ただここを聖火ランナーたちが通過するわけではないので、そんなに緊迫した雰囲気というわけではない。

P1010418

 在仏チベット人の、恋人たちだろうか。

Cimg2643

 広場の端っこの、クレープの屋台のお兄ちゃん。ふだん僕が走る際、必ず手を振ってくれる、たった一人の応援でもある。今日はいつもより人出が多くて、ホクホク顔だった。ジェーン・バーキンもいないし、薄着で飛び出してきてしまったし、早々に帰ることにした。

 それにしても。もはや、「オリンピックを政治の道具に使うな」というレベルは超えている。これから、どうなることやら。


 

|

« タイ料理のうまさに、アジアとの近さを思う。 | トップページ | C・ラクロワのホテル »

パリ暮らし」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/40844941

この記事へのトラックバック一覧です: パリは、燃えておりました。:

« タイ料理のうまさに、アジアとの近さを思う。 | トップページ | C・ラクロワのホテル »