« 旅の初日「オーヴェルニュの火山に登る」 | トップページ | ロマネスクな人々。 »

2008年4月27日 (日)

ミシュランのお膝元なのに・・。

 フランス中部クレルモン・フェランという町は、ミシュランの本社・工場のある企業城下町として知られている。

P1010657

 だから各家庭の窓からは、ビバンダムが顔を出している(ウソです。中心部にあるミシュランショップの2階です)。

P1010653

 大聖堂は黒々としていて、ミシュランのタイヤ工場から出る煤のせいかと思ったけど、どうやらそういう石材かもしれない。

P1010652

 教会前の壁にひっそりと刻まれている、「足を拭くキリスト」の浮き彫り。足を拭かれてる弟子が、照れたように頭に手を当てている(拡大してみて下さい)。

P1010665

 夕闇迫り、レストランへ。ミシュランのお膝元とはいえ、この町には著名な店はなさそうだ。「わざわざこんなところで」とも思ったが、以前も行ったことのあるアルザス料理店に向かう。

P1010662

 アルザス地方はドイツと国境を接し、料理もその影響を色濃く受けている。酢漬けのキャベツを蒸して、ソーセージや塩茹での肉を添えるシュークルートは、本家ドイツのザウアークラウトには負ける。でもこの店の豚足は、皮がとろとろにとろけていて、実においしかった。

P1010663

 こちらは生ハムの上に、ジャガイモと溶けたチーズの混ぜ合わせた熱々をかけて食べるという、恐るべき高カロリー料理。でもついつい、食べてしまう。

P1010660

 この白は、アルザスのリースリングらしからぬ濃厚なワインだった。でもそれが、これら重い料理といっしょだと少しも負けず、さわやかな感じすらしたのだった。






|

« 旅の初日「オーヴェルニュの火山に登る」 | トップページ | ロマネスクな人々。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/40994042

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランのお膝元なのに・・。:

« 旅の初日「オーヴェルニュの火山に登る」 | トップページ | ロマネスクな人々。 »