« パリは、燃えておりました。 | トップページ | パリにも、こんなに愛想のいいレストランがあるんだ。 »

2008年4月12日 (土)

C・ラクロワのホテル

 キムタカ氏、来訪。一文字ちがうだけでルックスも年齢も大違いながら、素敵なオジサンである。年に何度かパリを訪れ、そのつど「今晩、空いてる?」と誘ってくれる。今回は、デザイナーズホテルを予約したとかで、迎えに行きがてら見物させてもらう。

P1010430

 「外からだと、ホテルだか何だかわからないからね」と言われていた通り、パン屋だった外観をそのまま活かしている。ホテルの日本語サイトを見ると、「パリ最古のパン屋」と書いてあるけど、そうなんだろうか。

 右奥にホテルの看板が出ているが、入り口はこちら側。パン屋のドアを押して、ホテルに入るようになっている。

P1010432

P1010434

 デザイナーのクリスチアン・ラクロワが、内装を手がけている。こじんまりとした空間ながら、ラクロワらしさ全開である。

P1010437

 キムタカ氏が降りて来たエレベーターの中も、すごく凝ってる。
P1010433

 エレベーター前のデッドスペースも、上手に活かしている。書棚のように見えるのは写真で、一種のだまし絵である。

P1010435

 ロビーを抜けると、食堂。隣にあったカフェを、買い取ったのだろう。戦前のカフェの雰囲気を上手に残しながら、ラクロワらしさも出ている。サイトを見ると各部屋のインテリアもすごく面白そうで、キムタカ氏からも「見てみる?」と言われたのだが、レストランの予約時間が過ぎてることもあって、見物できなかった。残念。

P1010455

 夜景もまた、風情がありました。





|

« パリは、燃えておりました。 | トップページ | パリにも、こんなに愛想のいいレストランがあるんだ。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/40857602

この記事へのトラックバック一覧です: C・ラクロワのホテル:

« パリは、燃えておりました。 | トップページ | パリにも、こんなに愛想のいいレストランがあるんだ。 »