« 広角レンズは、七難隠す。 | トップページ | メルボルンのチャイナタウン »

2008年3月19日 (水)

ミシュRUNの三つ星を走る。

P1010084

 日陰で見えにくいのですが、右側の黄土色の建物が、ここ数年の定宿になっているヴィクトリア・ホテル。創業120年で、戦前は「メルボルン最大のホテル」だったらしい。今は下から数えた方が、早そうだ。

P1010086

 ほぼ同じ位置から撮った、昔の写真。クルマや服装からすると、1950年代後半だろうか。当時はまだ、空がぽっかりと空いている。

 この交差点を左に折れて下って行くと、すぐに市内を流れるヤラ川にぶつかる。

P1010013

橋を渡れば、川沿いに延々とジョギングコースが伸びている。

P1010048

 南半球はこれから秋を迎えるところで、朝のうちはこんなふうに、うろこ雲のような雲が広がる。でもこの週末、日中は40℃を超えていて、しかも南極が近くてオゾン層が破壊されてるからか、ちょっと日なたにいるだけで、チリチリと肌が焼け焦げた。この早朝の涼しそうな風景からは、そんな感じは想像できないかもしれないけど。

P1010036

 都会のど真ん中にあるのが信じられないほど、川沿いは緑が多い。そよ風に吹かれながら水辺を走っていると、どこまでも走れそうな気がしてくる。すれ違う人々も、いかにもオージーらしく、人懐っこい笑顔を返してくる。自分で勝手に格付けしてる「ミシュRUNガイド」では、間違いなく3つ星である。

P1010042

 丘の上には、こんな絵に描いたような一軒家も建っている。

P1010034

 コンクリートで固めてない岸辺は、落ち着きます。


 

 


|

« 広角レンズは、七難隠す。 | トップページ | メルボルンのチャイナタウン »

ランニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいジョギングコースですね。走ってみたい・・・。
ミシュRUNの格付けをされているとは知りませんでした。
いつか本にして出版してください。

それにしてもオーストラリアの温暖化の影響はすさまじいものがありますね。
干ばつに40度越えに紫外線注意報と、聞いているだけで恐ろしくなります。

投稿: みなみ | 2008年3月19日 (水) 12時52分

明るいイギリスって感じで、ここなら住んでもいいかなと思わせてくれます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年3月19日 (水) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/40555264

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュRUNの三つ星を走る。:

« 広角レンズは、七難隠す。 | トップページ | メルボルンのチャイナタウン »