« 愛染カプラ(・・)。  | トップページ | ガリシアといえば、タコ。 »

2008年3月 7日 (金)

ロブションは、「手堅い3割打者」かな・・。

 行きつけの歯医者さんと同じ並びにあるため、何度も何度も前だけは通り過ぎていた「ターブル・ド・ジョエル・ロブション」。ようやく初めて、行く機会ができた。

Cimg4144

 入り口だけ見ると、営業中かどうかまったくわからない。

Cimg4125

 店内は、こんな感じ。12時半では、まだ店内はセッティングの真っ最中だ。今回は1月のケ・ブランリ美術館と同じく、建築家のW夫妻といっしょだった。「2003年にオープンしたらしいですよ」と伝えると、「そのわりには、ちょっと内装がくたびれてますねえ」と、その業界の人らしい感想を漏らしていた。確かに。

Cimg4131

 嫁の選んだ前菜は、牡蛎のグラタン。「居酒屋で出てきそう」と皮肉りながらも、かなりおいしかったみたい。

Cimg4132

 僕は豚足と豚耳のゼリー寄せ。内臓好きなので、顔をほころばせつつ完食。

Cimg4134

 メインは、豚のスペアリブにカラメルソースをからめて(駄洒落ではなく)、じっくり焼いたもの。角煮のような、ちょっと和風の味わい。脂身が、とろけそうな誘惑をしてくる。もちろん、やすやすと誘いに乗ってしまう。やはりおしいものは身体に悪いと、改めて実感する。

Cimg4135

 嫁たちは、乳のみ子羊をごくごく柔らかく焼いた一品を注文。とにかくどの料理も当たり外れがなく、のけ反るような驚きはない代わりに、何を頼んでも水準以上に美味しい。

Cimg4139

 昼のコースメニューには、一人に半ボトル分のワインが付く。4人だと、白赤を1本ずつ頼める勘定だ。赤はフランス南西部ガスコーニュ地方の「アラミス」が出てきた。ガスコーニュと言えば、アレクサンドル・デュマの冒険小説「三銃士」の舞台となったところ。そしてアラミスは、三銃士の一人の名前だ(ということをさっき調べて知った)。遠州産の地酒に、「石松」と名付けるようなものだろう。

 確か2003年だったと思うが、値段の割りには張りも厚みもあり、かつ軽やかで、料理の引き立て役としては最高だった。

 出てくるワインも、料理同様そつがない。手堅いというか、手だれというか、ロブション自身はほとんど年に何日もいないだろうに、店はしっかり回っている。それでいいのかなあと言う気もするけれど・・。

Cimg4141

 デザートも、けっこうでした。








|

« 愛染カプラ(・・)。  | トップページ | ガリシアといえば、タコ。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの昼ご飯」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/40418826

この記事へのトラックバック一覧です: ロブションは、「手堅い3割打者」かな・・。:

« 愛染カプラ(・・)。  | トップページ | ガリシアといえば、タコ。 »