« 茶畑を走る。 | トップページ | イタメシ2連発。 »

2007年12月28日 (金)

この蕎麦屋もなかなか・・。

 実家のすぐ近くに、「バラの丘公園」なるものがある。1980年代終わりの竹下首相時代に、全国市町村に1億円ずつばらまいたバブルの象徴のような事業があって、わが町はそのお金でこの公園を造ったのだった。当時は、「あんなもの」と地元の評判はきわめて悪かったと記憶しているが、今はけっこうな名所になった。外からしか見たことはないけれど、いつもバラが咲き乱れ、人々がその間をゆったりと散策している。

 で、そのすぐ脇にあるのが、このお蕎麦屋さん。

Cimg3027

 蕎麦から一字を取って、「蕎の字」。近所にあるからというだけで、さほど期待せずに行ったのだが、いい意味ですごく予想を裏切ってくれた。

 店に入ると、広々とした白木のカウンター。目の前で天麩羅を揚げて、出してくれるようになっている。

Cimg3014

 天ざるを注文すると、まずは天麩羅を熱々で食する。

Cimg3021

 静岡名物桜エビのかき揚げも、実に軽やかに揚がっている。

Cimg3024

 十割蕎麦は、青森と北海道産をブレンドしたもの。十割なのにしっとりして、おつゆの中でも蕎麦の香りがしっかり存在を主張している。お店の人のサービスも、控えめかつ、気配りが効いている。子供たちをたくさん連れて来てしまったことを後悔したけれど、騒ぐような雰囲気でないことが彼らにもわかったのか、それ以上に蕎麦のうまさに心を奪われたのか、おとなしく無心に食べてくれてホッとする。

 いや、堪能しました。この店については、蕎麦知らずの僕がとやかく書くよりも、こちらの夢八さんのブログを見てもらった方が、ずっといいと思う。

 島田の蕎麦屋といえば「宮本」が全国的に有名だけど、こちらも決して負けてないのでは。しばらくご無沙汰している「宮本」は、「味はいいけど接客が・・」という評を散見するのが気になるところだ。

|

« 茶畑を走る。 | トップページ | イタメシ2連発。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

一時帰国中」カテゴリの記事

コメント

ムッシュ柴田さん、コメントありがとうございます。

蕎の字さんのようなスタイルの店は
東京でも一店しかありません。

蕎の字さんの食材は質も高く、天ぷらは
かなりなものだと思います。
蕎麦は書いておられるように天ぷらだけの
店ではないと思います。

来年、もう一度行きたいと思っています。

投稿: 夢八 | 2007年12月28日 (金) 13時40分

夢八さん、コメントありがとうございました。

あらためて夢八さんのブログを少しずつ拝見してますが、さすがにすごい蓄積ですね。楽しみに読ませてもらいます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2007年12月29日 (土) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/17501188

この記事へのトラックバック一覧です: この蕎麦屋もなかなか・・。:

« 茶畑を走る。 | トップページ | イタメシ2連発。 »