« イタメシ2連発。 | トップページ | よいお年を。 »

2007年12月31日 (月)

その晩も、イタメシ。

 昼のブルガリに続いて、夜もイタリアレストランへ。仕事関係の忘年会、それからお世話になった人がアメリカに赴任するので、その歓送も兼ねての会だった。

 「La Pigna」(ラ・ピーニャ、松ぼっくり)という名前のこのレストランは、ブリヂストンのモータースポーツ活動に長く携わった人が、イタリア料理への情熱止みがたく、脱サラして開いた店だ。

Cimg3067

 シェフはイタリア人のヴィンチェンツォ。F1のシーズン中はフェラーリのモーターホームでも腕を振るっていて、われわれ日本人も時々お世話になっている。オフの今はラ・ピーニャに詰めているが、年明けにはフェラーリがイタリアのスキーリゾートでイヴェントを開くので、そっちに帯同すると言っていた。物静かな、職人風イタリア人である。

Cimg3071

 まずはスプマンテ(イタリアの発泡性ワイン)で乾杯してから、赤に移る。オーナーの勧めてくれたのが、シシリア産のこのワインだった。ドンナ・フガータ(遁走する女)というメーカーの作る、2004年のタンクレディ。主に地元のブドウ品種ネロ・ダヴォラとカベルネ・ソーヴィニオンがブレンドされている。最初は、スパイシーな香りがむんむん来る。隣の畑で胡椒でも作ってるのかと思うくらい。でもそのうち、しっとりと落ち着いた感じに開いてきた。「神の雫」風に言うと(笑)、「シシリアの荒涼たる大地にたたずむ、黒髪にバラを一輪挿した、ふくよかな目鼻立ちのくっきりした美女」というところ(再び笑)。

Cimg3081

 オジサンたちの飲酒欲はこれぐらいでは満足されず、2本目の赤へ。次もドンナ・フガータの、「ミッレ・エ・ウナ・ノッテ」(千夜一夜)という名前もラベルも素敵なワイン。同じく2004年ながら、こちらはほとんどネロ・ダヴォラの単一品種に近いらしい。今回の2本に限らず、シシリアで産するワインは、南国のものにありがちな、お腹にずしんと来る重さがない。特にこの千夜一夜は、洗練されたエレガントなワインだった。

Cimg3082

 最後はオーナーが、サッシカイアのグラッパ(ブドウから作ったイタリアのブランディ)を供してくれた。これまた、端正なラベル。

 呑み意地が張りすぎて、ワインの紹介しかできなかった。蛇足ながらヴィンチェンツォの料理は、現地で食べさせてもらってるのと同じ、素晴らしいものです。

 


|

« イタメシ2連発。 | トップページ | よいお年を。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

一時帰国中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/17520481

この記事へのトラックバック一覧です: その晩も、イタメシ。:

« イタメシ2連発。 | トップページ | よいお年を。 »