« パスタとソーテルヌの幸福な結婚 | トップページ | パリのクリスマス »

2007年12月13日 (木)

絶品のニョッキに遭遇、の巻。

 昆虫博士で食通のOさんに教えてもらったイタ飯屋に出かけた。以前紹介したビストロのすぐ近所である。

Cimg2833

 店の前に、ペラっと黒板が立て掛けてある。バリバリのイタリア語だ。Oさんからは、「メニューも別にあるけど、黒板に書いてある『今日のパスタ』を注文するのがいいヨ」とアドバイスされている。

 えーと、前菜はルッコラのサラダにパルメザンチーズが掛かってて、あとは・・むにゃむにゃ・・。メインはアサリのリングイーネ(きしめんの細いやつ)と、ペストソーズのニョッキ。デザートはチラミスとパンナコッタ。このあたりはほとんど万国共通語なので、よくわかる。

Cimg2815_2

 入ったのは1時15分前ぐらいだったが、狭い店内はほぼ満席。4人掛けのテーブルが運良くふたつ空いていたので、相席させてもらう。隣の二人はスーツをぴしっと着た、いかにもフランス中央銀行で働いてます風の紳士。でも愛想はきわめていい。

Cimg2811

 アドバイス通り、メインのパスタを2種類とデザートを2種類注文する。ワインはシャルドネと、「プリミティーヴォ」(未開人?)という赤ワインを1杯ずつ。白は十分な酸味と濃厚な蜂蜜の後味。赤はチャーミングで蠱惑的だ。

 ギャルソンのイタリア人のお兄ちゃんが、小皿にオリーヴ油を注いでくれる。それをパンに浸して食べながら、料理が来るのを待つ趣向である。それがあまりに美味しくてワインにも合うものだから、ついつい食べ過ぎてしまう。

 先客の隣人たちに、先に料理が来た。僕たちと同じものを注文していたようだ。リングイーネを頼んだ紳士は、われわれに向かって「お先に」とニッコリ微笑むと、ナイフとフォークを手にした。そしてパスタを片っ端から、ぶつ切りにして行くのだった。しかもアサリの酒蒸しソースの上に、どさどさとパルメザンチーズを掛けている。それをフォークですくって、幸せそうに食べ始めた。

 食べ方に厳密な決まりがあるわけではないけれど、これはちょっと食べ物がかわいそう。パリでおいしいイタ飯屋を見つけるのがむずかしいのは、おそらくフランス人たちがそういうものを望んでいないからなんだろう。

Cimg2818

 などと言っているうちに、こちらにも同じ二皿が到着する。ニョッキを注文したのは僕。まだオイル浸しのパンに未練があって、延々と食べ続けている。
 ヴォンゴレの感想を訊くと、「とてもおいしいけど、ちょっと茹ですぎなのが残念」とのこと。おすそ分けしてもらったら、確かにそうだった。でも一方のニョッキは、分けてあげるのを忘れるぐらいおいしかった。

 ニョッキというのは小麦粉とジャガイモを混ぜた団子を茹でた、ま、イタリア版のスイトンである(昭和40年以降に生まれた人には、よけいわからない説明かも)。それにバジリコのソースをかけたシンプルな一品なのだが、ペコリーノチーズ(おそらく)と松の実とピスタッチオの味が渾然一体となって、あっという間に完食した。

Cimg2830_4

 デザートもおいしゅうございました。

|

« パスタとソーテルヌの幸福な結婚 | トップページ | パリのクリスマス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの昼ご飯」カテゴリの記事

コメント

早速行っていただいたようですね。茹ですぎというのは経験ないのですが、麺類に鈍感なフランスなのでそういうこともあるかと。フランス銀行の近辺はそこそこの店がいくつかあり、隠れグルメ地帯です

投稿: かなぱぱ | 2007年12月13日 (木) 23時46分

コメントありがとうございました。

 「ビストロ・ヴィクトワール」の並びの、下の階はほとんどカウンターしかないBar a vinも、外から眺めてたら美味しそうでした。すでに、いらっしゃいました?

投稿: ムッシュ柴田 | 2007年12月14日 (金) 09時05分

ニョッキ一皿の食事って、のるかそるかの選択ですね〜。
おすそ分けはおろか、写真を撮るのも忘れて完食しちゃったんですね〜〜。
かわいそおなお連れさま。も一度行かなきゃダメじゃ!?
なんなら一緒に行ったげましょか?・・ってか、連れてって〜!!

投稿: みらくるりん | 2007年12月14日 (金) 21時20分

こんにちは。
パリのビストロで飛んでやってきました。
宜しければお店の名前を教えて頂けませんか?

投稿: torolo | 2007年12月20日 (木) 04時09分

toroloさん、コメントありがとうございます。

ゴメンナサイ!本日(20日)より日本に一時帰国中で、ビストロのカードとか家に置いてきてしまって、わからないのですヨ。olioとかなんとか、イタリア語が3つぐらい並ぶ名前だったんですが・・。年明けまでお待ちいただけるんなら、パリに戻り次第お伝えできますが。重ね重ね、スミマセン。

投稿: ムッシュ柴田 | 2007年12月20日 (木) 09時00分

こんばんは!
ありがとうございます。もちろん年明けで全然OKです!
GWに行く予定なのでまだまだおすすめのお店がありましたらブログでの紹介も楽しみにしています☆

投稿: torolo | 2007年12月22日 (土) 12時34分

toroloさん、こんにちは。
では、年明け第1週目ぐらいに、お伝えさせていただきますね。またいろいろ探訪するつもりですので、ご覧になって下さい。

投稿: ムッシュ柴田 | 2007年12月23日 (日) 09時31分

toroloさん、こんにちは。
遅くなりました。ビストロの名前と住所です。
OLIO PANE VINO
44 rue coquilliere
75001 Paris
tel:0142332115
オペラ通りから東へ、歩ける距離です。
ちなみに昼は月曜から土曜までやってるのですが、夜は木曜と金曜のみの営業です。
では5月のパリ滞在、楽しんで下さい。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年1月 7日 (月) 00時12分

早速ありがとうございます〜☆
なんだか行きたいところがどんどん増えていく毎日です。
マレからも近いのですね。
行けたらぜひ行ってみたいと思います!

投稿: torolo | 2008年1月22日 (火) 13時20分

マレも、お好きのようですね。昔、ポンピドーセンターの近所に、10年ほど住んでました。あの界隈にもおいしい店がたくさんあるし、また紹介させていただきます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2008年1月22日 (火) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/17361284

この記事へのトラックバック一覧です: 絶品のニョッキに遭遇、の巻。:

« パスタとソーテルヌの幸福な結婚 | トップページ | パリのクリスマス »