« ブルゴーニュ「栄光の3日間」その2 | トップページ | "マイナーリーグ"のワインたちーその1− »

2007年11月28日 (水)

ちょっと古いボジョレー

 今年も気がついたら、カフェやレストランの店先に、「ボジョレー・ヌーヴォー到着!」のポスターが張り出される季節になっていた。毎年なんとなく買って、それなりに楽しんでいるけれど、どうもやっぱりガメイ種の独特の癖が気になってしまう。

 そこで今年は、ヌーヴォーではないボジョレーを試してみた。2006年の「サン・タムール」というAOC。日本では、ヴァレンタインの時に人気のある銘柄とか。通りすがりのニコラ(フランス国内いたるところにあるワイン量販店)で、9,5ユーロ(約1500円)で購入。ボジョレーとしては、けっこういい値段です。

Cimg2479

 色はガメイ種独特の菫色。香りは、甘い甘いイチゴジャムのよう。口に含むと、まだしっかり閉じていて、匂いに連動した味わいを期待していたのに、はぐらかされる。それでも30分ほど放置しておくと、少しずつふんわりと開いてきた。

 甘い香りはいっそう濃密になって、キャンディを鼻先に持ってこられたみたい。でも決して、いやな感じではない。酸味もしっかりしていて、余韻もある。知らずに飲んだら、ピノ・ノワール種の赤ワインだと答えるだろう。

 そのワインが美味しいかどうかという基準は、わが家の場合きわめて単純である。話が弾んで、量も進むのが、僕たちにとってのいいワインなのである。この日は二人で半分ほど飲み、空気も抜かずにコルク栓をしたまま、台所の隅に放置。それでも翌日あらためて味わった時も、楽しい時を過ごさせてくれた。これから毎年11月は、「ちょっと古いボジョレー」を飲んでみようっと。

|

« ブルゴーニュ「栄光の3日間」その2 | トップページ | "マイナーリーグ"のワインたちーその1− »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/17211147

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと古いボジョレー:

« ブルゴーニュ「栄光の3日間」その2 | トップページ | "マイナーリーグ"のワインたちーその1− »