« "マイナーリーグ"のワインたちーその1− | トップページ | エディット・ピアフのチャイナタウン »

2007年11月30日 (金)

"マイナーリーグ"のワインたちーその2ー

 このワイン市でいつも困るのは、フランス全国から集まった作り手たちのブースが、全部ごちゃ混ぜになってること。たとえばブルゴーニュだけ試飲したくても、カタログを凝視しながら、「今度はDの4、次はRの35」などと、あっちの列からこっちの列へと行ったり来たりしないといけない。どうして地方ごと、AOCごとにグループ分けしないのか、すごく不思議だ。それでも今は各ブースの脇に立ってる標識が産地別に色分けされて、なんとか遠くから識別できるから、まだいいけど。

 白はほどほどにして、赤に集中することにする。

Cimg2486

 通りがかったこのブースでは、ワインのボトルの前にずらりと小さなビンを並べていた。

Cimg2485

 それぞれの畑の土を詰めて、見せている。左から「ビアンブニュ・バタール・モンラシェ」という白の銘醸ワイン。真ん中が「ボーヌ」の一級畑。そして右が、「クロ・ド・ヴジョ」。「ビアンブニュ」の石ころのようなのは、石灰石だろうか。「ボーヌ」が茶色っぽいのは、粘土質だから?などと、ブースに陣取ったオジサンと何となく話が弾む。醸造家というより農家のオジサン然としているところが、好感が持てた。


 このオジサンに限らず、ここにブースを出してる人たちは、当然といえば当然かもしれないけれど、売ることよりも作ることに熱心に見える。だから話してても楽しいし、こちらの初歩的な質問にも忍耐強く答えてくれる。 

Cimg1687

 ちなみにこの写真は、7月にシャブリに旅行した時に撮ったもの。これが畑かというくらい、石がゴロゴロしている。数十万年前、ここは海の底で、魚の骨や貝殻が積み重なって、石灰質になった。だからこの土から作られたシャブリは、牡蛎に合う。その話を「神の雫」で読んだ時は、ちょっと感動したものです。

 いかん、また白の方へと脱線してしまった。

Cimg2488

 あちこちさまよった末に、今年はこのドメーヌのシャンボール・ミュジニーという赤ワインの一級畑「レ・シャトゥロ」2005年を、1ケース買いました。1本32ユーロ(約5100円)。これで還暦に呑むワインが手に入ったかな。


 このワイン市には、有名な醸造家やシャトーは出店していない。その意味では野球で言えば、一軍半から二軍といったところかもしれない。でもこの中にも間違いなく、明日のスターになりうる作り手は存在する。それを自分の鼻と舌で探すのも、ここに通う楽しみのひとつだと思う。

Cimg2491

 娘の誕生年、2000年のソーテルヌを買ったシャトーのオーナー。とてもチャーミングな人でした。ワインもおいしかったし。いいものを手に入れたぞと家に帰ってカーヴをのぞいたら、なんと去年まったく同じのを買い込んでいた。ちゃんと管理しなきゃ・・。

|

« "マイナーリーグ"のワインたちーその1− | トップページ | エディット・ピアフのチャイナタウン »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/17229751

この記事へのトラックバック一覧です: "マイナーリーグ"のワインたちーその2ー:

« "マイナーリーグ"のワインたちーその1− | トップページ | エディット・ピアフのチャイナタウン »